高血圧に悩まされる女性の写真

体内で血圧を上昇させる働きを持つアンジオテンシンIIという物質の働きを抑え、血圧を正常な数値に保つ(ARB)と呼ばれる作用を持つ降圧剤「ミカルディス」に関する服用者の感想や、高血圧治療における役立つ情報を掲載します。

ミカルディスと種類と歯周病について

ミカルディスは、高血圧のための医薬品です。高血圧と人クリに行っても、そこには種類があります。ミカルディスの服用によって、アンジオテンシンIIの血管収縮作用を抑制します。ミカルディスは大きな副作用はあまりないとは言われますが、稀に発疹やかゆみを生じるケースもあります。こうした高血圧症に使われていますが、そんな高血圧には大きく2つの種類があります。

1つ目の種類としては、本態性高血圧です。一次性高血圧とも呼ばれていて、ホルモンの異常や血圧が上昇する病気などです。国内の患者としては高血圧は、ほぼ9割はこのタイプに入ります。はっきりした原因は解明されてはいないものの、生活習慣や遺伝的要素が、本態性高血圧には関わっていると考えられます。

もうひとつは二次性高血圧です。医薬品とか、違う病気が発端になって引き起こる高血圧です。ですからその原因の病気を治療するとか、原因となっている医薬品をチェンジしたりして、高血圧を解消へ向かわせる手段がとられます。

虫歯と並んで歯の病気でよくあるのは、歯周病の症状です。虫歯は歯が痛くなって、直ぐにわかりますから、歯医者にも駆け込みやすいです。でも歯周病は進行もゆっくりで、症状があまり出てこないので、見落としやすい歯の病気です。しかし下手をすると、虫歯よりももっと怖いことになるので、歯科検診などで歯周病ではないかを検査しておく必要はあります。

お口の中で細菌のかたまりによって、歯茎にだんだんと炎症を起こすことから、歯周病はではじめます。バイオフィルムの膜をはに作って、細菌は歯の表面に張り付いています。薬剤ではあまり効果がないのがバイオフィルムですから、歯科医院でのデンタルクリーニングでケアをしましょう。